ダウンロード

New Book: GnuCash 2.4 Small Business Accounting

GnuCash 2.4 small business accounting

The GnuCash development team received notice about a new book published by PacktPub, UK:

GnuCash 2.4 Small Business Accounting, by Ashok Ramachandran.

This is a Beginner's Guide for managing your accounts.

Our own developer Christian Stimming has been contributing to this book as a reviewer, and we can wholeheartly recommend the outcome of this fruitful collaboration. Feel free to have a look at this book over at packtpub.com, and, best of all, the publisher has committed to allocate some percentage of the book sales back to the GnuCash project. Have fun with this book!

Writing GnuCash Documentation

If you are interested in improving the GnuCash documentation, you have come to the right place. This page will provide you with the necessary information to get started.

Just as the GnuCash application has been developed over time by volunteers, so too has the documentation been written by volunteer developers and users to help others learn how GnuCash works. This collaborative effort has resulted in the creation of two major documents, the Help Manual and the Tutorial and Concepts Guide.

The GnuCash community welcomes assistance in maintaining and improving both the program and its documentation. If you are interested in helping write, edit or translate GnuCash's documentation, this page gives guidance on how to get set up to join the effort.

The GnuCash documentation can be viewed and downloaded from the Documentation page.

導入

The GnuCash documentation is stored in xml files. More precisely, it uses the GNOME2 XML docbook system. This is a relatively flexible system that takes xml files as input and can generate documentation in several different output formats (html, pdf,...).

If you wish to review or write GnuCash documentation, you will need to know xml. Some basic knowledge of the docbook system may be useful as well

次のリンクは文書化および査読過程で非常に役に立つサイトです。

We suggest also subscribing to gnucash-devel.

Gnome 文書ガイドライン

前に述べたように、新しい文書は GNOME2 XML docbook システムに基づいています。貢献をしようと考えている方は、査読や文書作成を行うときにこれらのガイドに従うようにしてください。

文書ソースの入手

You will need a recent copy of the documentation source. For this you can check out the documentation module from the gnucash-docs git repository. Reviewers could also start from the current docs tarball.

For those not familiar with git, the GnuCash wiki has a description tailored to the GnuCash code. To get the documentation source instead of the program source, replace 'gnucash' with 'gnucash-docs' in the mentioned git commands, like this:

git clone https://github.com/Gnucash/gnucash-docs.git

There are two major GnuCash documentation packages to help users: the Help Manual and the Tutorial and Concepts Guide. With the above command, the source code of both will be downloaded.

著者

上記の方法で文書のソースを入手したら、変更を開始してください。変更した文書が満足のいく物になったら文書の最上位ディレクトリ (通常は変更しない限り gnucash-docs になります) で以下のコマンドを入力してパッチを作成してください。

git diff > my-patch-name.patch

次にGnome's bugzilla データベースで GnuCash プロジェクトの documentation コンポーネントに対してバグレポートを作成し、パッチを添付してください。そして、他の開発者があなたが行ったことについて分かるように gnucash-devel メーリングリストに英語でメールを送ってください。パッチ送付の詳細については GnuCash' wiki page on bugzilla も併せて確認してください。

注意: 過去にはパッチを直接 gnucash-devel メーリングリストに送っても大丈夫でした。この方法は現在推奨されません。多くのメーリングリスト議論の中に埋もれてパッチが忘れられてしまうからです。その代わり Bugzilla にパッチをバグとして添付してください (既存のバグに追加するか新規のバグとして報告するかいずれかです)。もしパッチを gnucash-devel に送ろうと考えている場合は、インラインに記述するのではなく添付してください。

あなたがどの項を変更しようとしているか他の著者が分かるようにしてください。他の人が「それはすでに行っています」または「では行ってください」と言うことができるように gnucash-devel へメールを送ってください。

書いている時に、参照用として古い文書をローカルに保存しておきたいと思うかもしれません。これは古い文書内に新しい文書に移行されていない多くの役に立つ情報がある場合です。

査読者

上で説明した方法で文書のソースを入手し、査読を行ってください。

文書に関するコメントを記録して、皆が見つけられるようにしておく最良の方法は bugzilla.gnome.org に文書に関してバグ登録をしておくことです。バグ追跡システムによって記録が残ります。

Valid XHTML + RDFa

Copyright © 2001-2014 The GnuCash Project

Server & email outage reports to: gnucash-devel@gnucash.org

Translation problems? Contact: gnucash-devel@gnucash.org