C.1. 英国付加価値税

勘定科目タイプ (親のタイプと異なる場合だけ表示)

(Box n) は付加価値税形式ボックス番号を示します。(実際には勘定科目を思い出すための説明としてこれらがあります)

(ボックスn の一部)をすべて加えると、全体(ボックスn)を得られます。付加価値税は負債です。負であったら、支払い超過です。

資本設備(ボックス7 の一部)と(ボックス6 の一部)は、付加価値税返金期間でのすべての*加算*(購入)金額です。差異が完全な新規の購入のためでないなら、金額の絶対値でも金額の変化でもありません。そして、減価償却費、損失、(例:不完全な商品の清算)、可変資本における営業外費用は含まれていません。あなたが資本設備を売却する場合、その売却とその付加価値税は収益として記録されます。資産が「お金に変換」され、請求の支払があった時に銀行預金口座の「付加価値税の総額」が増加します。これは資本の減少と一致します。


銀行預金口座 [B]
  |___ 主口座
  |___ 積立金口座

現金 [A]

資産 [A]
  |___ 資本設備    (ボックス7 の一部) - 絶対値ではなく、加算専用
  |           |___ コンピューター     今年、ゼロに減価償却するであることができます。
  |           |___ EEC購入付加価値税還付  (ボックス6の一部) 必要であるなら、子勘定科目を作成します。
  |___ その他

売掛金 [R] 信用取引を行う得意先 - (ビジネス領域)


クレジットカード [C]
  |___  クレジットカード1

負債 [L]
  |___  会社の税金負担
  |___  手数料負担
  |___  税金/国民保険(NI)負担
  |___  その他

付加価値税 [L]   総額 (ボックス5)
  |___ i/p [A]   仕入(Box4)
  |___ o/p [L]   (Box3)
             |___欧州経済共同体   付加価値税の還付(ボックス2)
             |___売上   UK/EECおよび世界でのゼロ税率を全て含む(Box1)

買掛金 [P]   信用取引を行う仕入先 (ビジネス領域)

純資産 [Q]
  |___  会社の税金
  |___  取締役のローン
  |___  配当
  |        |___  取締役1
  |        |___  取締役2
  |        |___  株主1
  |___ 寄付金   (これとささいな物は収益にみなしません)
  |___ 開始残高

収益 [I]   (ボックス6の一部)
   |___ 利子
   |___ 雑収入
   |___ 売上
                |___ EEC
                |     |____ 商品 (ボックス8) (子勘定科目が必要です。)
                |     |____ サービスとソフトウェアソフトウェア (子勘定科目が必要です)
                | ___ 英国
                |____ 世界

費用 [E]
        |__ 減価償却費
        |__ 報酬
        |            |___ 取締役報酬
        |            |___ 雇用者国民保険
        |            |___ 従業員1
        |                     |___国民保険
        |                     |___税込給与
        |                     |___利害関係者
        |                     |___税金
        |___ 他の非付加価値税費用
        |___ 付加価値税購入(ボックス7の一部)
                    |___  会計業務
                    |___  銀行手数料
                    |___  消耗品
                    |___  EEC購入付加価値税還付 (ボックス6の一部)
                    |         |___ 商品 (ボックス9) (子勘定科目が必要です)
                    |         |___ サービスとソフトウェア  (子勘定科目が必要です)
                    |___  事務所費
                    |___  電話料金とインターネット料金
                    |___  ソフトウェア
                    |___  定期購読
                    |___  雑費
                    |___  出張費/宿泊費