13.2. 初期セットアップ

GnuCashで会社の買掛金を扱うように設定するには、2つの準備が完了していなければいけません。 一つ目は適切な勘定科目階層を作ることです。そして二つ目はGnuCashに会社を登録することです。

13.2.1. 勘定科目のセットアップ

ビジネス勘定科目階層をセットアップするには多くの異なる方法があります。 ビジネス勘定科目をセットアップするには、新規勘定科目階層アシスタントを開始するか、手動で作成します。 事前定義されたビジネス勘定科目にアクセスするためには、GnuCashを開始し、ファイルファイルを新規作成をクリックします。そして利用可能な勘定科目のリストが表れるまで進み、ビジネス勘定科目を選択します。

事前定義されたビジネス勘定科目階層は、完全にはニーズを満たしません。 勘定科目階層があなた特有の状況でうまく機能するように調整を行う必要があります。 十分綿密に調整してから使用開始することを推奨します。

買掛金 (Accounts Payable, A/P) は、あなたの会社が購入した製品またのサービスで支払いをまだ行っていない金額を意味します。 これはそのうち支払いを予定しているので、貸借対照表には負債として計上します。 GnuCashの統合買掛金システムを使用するためには、最初に買掛金タイプの勘定科目をセットアップしなければいけません。 通常、買掛金勘定科目は負債の子勘定科目にします。 統合買掛金システムでは、この勘定科目の中に取引を配置します。


基本的な買掛金勘定科目階層 :

-資産
   -銀行
-負債
   -買掛金
-費用
   -買掛金費用

有効に利用するためには、この階層に追加の資産および実際の費用勘定科目を加える必要があります この階層の重要な側面は、費用勘定科目および買掛金タイプに設定されている買掛金負債勘定科目を使用することです。

13.2.2. 会社の登録

勘定科目構造を作成した後、GnuCashファイルに自身の会社情報を登録します。 会社情報を登録するためには、ファイルプロパティを選択します。

  • 会社名、電話番号、FAX番号、電子メールアドレスおよびウェブサイトURLなどの連絡先情報を入力します。

  • 会社の税金を支払うためのID番号を会社ID欄に入力します。