8.2. 勘定科目のセットアップ

GnuCashで投資勘定科目をセットアップする場合、既定義の投資勘定科目階層を使用するか、または自分自身で作成してください。 投資を追跡するために最低限必要なことは、所有している投資の各タイプに合わせて資産勘定科目をセットアップすることです。 しかしながら、前の章で説明したように、通常は関連する投資を分類して構造化された勘定科目階層を作成する方が、より論理的です。 例えば、証券会社名の親勘定科目の下に、購入したすべての公開株式を分類します。

どのように勘定科目階層をセットアップしたかに関わらず、後でいつでも勘定科目を移動することができることを覚えておいてください。そして、それらで実行した作業を失うことはありません。よって、最初の勘定科目階層が完全である必要はありません。

8.2.1. 既定義勘定科目

既定義の投資勘定階層を使用するためには新規のGnuCashファイルを作成しなければいけません。 これは新規勘定科目階層のセットアップアシスタントで実行します。 使用するデフォルト通貨を選択した後に、作成する勘定科目を選択するように求められます。 ここで、投資勘定科目オプション (および関心がある他のすべての項目) を選択します。 投資勘定科目だけを選択した場合、次のような勘定科目階層が作成されます。

関心がある投資のセットアップ

この画像は新規のファイルを作成し、デフォルトの投資勘定科目だけを選択した後の勘定科目タブの画面です。

前の章で行ったように、少なくとも銀行勘定科目を資産勘定科目へ加え、純資産:開始残高勘定科目を加えるでしょう。 関連した名前であなたの新規勘定科目をファイルに保存するのを忘れないでください!

8.2.2. カスタム勘定科目の例

手動で投資勘定科目階層をセットアップすることもできます。 次は投資を追跡するためにGnuCashをセットアップするより複雑な例です。投資を扱う証券会社の下に異なる各投資を分類するという利点があります。 この方法では、GnuCash勘定科目と証券会社からの計算書を比較して、GnuCashと計算書が異なるところで見つけるのがより簡単になります。


 資産
    投資
       証券口座
          I*Trade
             株式
                ACME Corp
             MMF
                I*Trade市債
             現金
          My Stockbroker
             MMF
                アクティブ資産ファンド
             国債
                Treas債券xxx
                Treas約束手形yyy
             投資信託
                ファンドA
                ファンドB
             現金
 収益
    投資
       証券口座
          資本利得
             I*Trade
             My Stockbroker
          配当
             I*Trade
                課税対象
                非課税
             My Stockbroker
                課税対象
                非課税
          利子収益
             I*Trade
                課税対象
                非課税
             My Stockbroker
                課税対象
                非課税
 費用
    投資費用
       手数料
          I*Trade
          My Stockbroker
       管理手数料
          I*Trade
          My Stockbroker

投資勘定科目階層をセットアップする一意の方法は本当にありません。 実行してみて、適切な論理グループへ投資勘定科目を分割する方法が見つかるまで異なった配置を試してみてください。