7.2. 勘定科目のセットアップ

借手がローンを受ける時、通常は何か価値のある買い物を行うという意思を持っています。 事実上、ほとんどのローンは、借手が家などの何らかの前もって決められている資産を買うことを要求します。 この資産はローンが債務不履行になった時の借手に対する保険です。 必ずしも高価な資産に関連していないローンの例はもちろんあります。学資ローンなどです。

ここで勘定科目の構造を示して、ローンが資産を購入する埋め合わせに使用されたと見なします。

ローンは負債です。ローンから発生する利子は継続した費用です。その他、支払わなければいけないどんな管理手数料も別の形の費用です。 ローンからのお金で購入されたものは、資産です。 これらのパラメータを使用して、基本的なローン勘定科目の構造を示します。


基本的なローン勘定科目構造

-資産
    -流動資産
        -普通預金
    -固定資産
        -購入した資産
-負債
   -ローン
       -担保付きローン
-費用
   -利子
       -担保付きローン利子
   -担保付きローン管理手数料

GnuCashには、自動車のローンや住宅ローンを含む、多くの既定義ローン勘定科目階層が利用可能です。 これらの既定義勘定科目構造にアクセスするためには、アクション勘定科目階層を新規作成...をクリックし、関心があるローンタイプを選択します。