1.2. 特徴

1.2.1. 使いやすさ

数分の作業で、個人の財務情報を入力して、財務状況を表すカラーグラフを作り出すことができます。 もしあなたが小切手帳の後ろにある記録簿を使用できているなら - GnuCashを使用できます! 記録簿に直接入力し、項目間をTabで移動し、クイック補完を使用して自動的に取引を完成させることができます。 インターフェースはアプリケーション自体でカスタマイズ可能です。

  • 使いやすいメニュー: GnuCashメニューはGNOMEヒューマンインターフェースガイドラインに従っています。 これは、GnuCashの外観が簡単で、他の多くのGNOMEアプリケーションと同様であることを意味します。

  • 文書: GnuCashはヘルプと大量の利用者ガイド文書を内蔵しています。

  • インポート方法: GnuCashは手動入力に加えて、多くの取引入力方法をサポートします。 オンラインで銀行口座にアクセスできるなら、これは特に役に立ちます。ほとんどの銀行とクレジットカード会社が次に挙げるインポート手法のうちの一つをサポートしています。 データを入力するのにかかる時間が減り、結果を分析することに多くの時間を割くことができるでしょう。

    • Quicken Import File(QIF): 多くの商用個人向け財務ソフトウエアパッケージで利用されている一般的なファイル形式であるQuicken QIF形式のファイルをインポートできます。

    • Open Financial Exchange(OFX): GnuCashはOpen Financial Exchangeプロトコルをサポートする最初のフリーソフトです。 多くの金融機関がこの形式に移行しています。

    • Home Banking Computer Interface(HBCI): GnuCashは、German Home Banking Computer Interface プロトコルをサポートする最初のフリーソフトです。 このプロトコルでは、明細書のダウンロード、銀行振込の実行、口座引き落としが可能です。

  • 帳票: GnuCashには、勘定科目要約、収益、費用、取引出納帳、貸借対照表、損益計算書、ポートフォリオ評価など、30種類以上の事前に定義された帳票が存在します。 帳票は円グラフ、棒グラフ、および散布図を含む、データのグラフィカルな表示をサポートします。 帳票はHTMLファイルにエクスポートすることができ、容易にカスタマイズできます。

  • 予定取引: GnuCashには、現在、自動的に取引を作成・入力する機能があります。また、これらの取引期限が来たときに通知を行います。自動化された取引を入力するか、延期するか、または削除するかの選択をすることができます。

  • 担保ローンとローン返済アシスタント: 変動型ローンの予定取引をセットアップするために使用できます。

  • 簡単な勘定科目照合: 統合された照合機能により、GnuCash勘定科目と明細書を照合するのは簡単で効率的です。

  • マルチプラットフォームの互換性: GnuCashはさまざまなプラットフォームとオペレーティングシステムでサポートされます。 GnuCash 2.6.14 が完全にサポートされるオペレーティングシステム (およびプラットフォーム) のリストは次の通りです。GNU/Linux (x86、 Sparc、 PPC)、 FreeBSD (x86)、 OpenBSD (x86)、 Solaris (Sparc)、およびMac OS X (PPC)。 GnuCashの以前のバージョンは、SGI IRIX(MIPS)と、IBM AIX4.1.5(RS/6000)と、Unixware7(Intel)と、SCO OpenServer5.0.4(Intel)で動作すると知られていますが、それらの現在の状況は不明です。

1.2.2. 投資の追跡

GnuCashには、多くの投資機能があります。 単純な定期預金から公開取引される株式までGnuCashですべての投資を追跡することができます。

  • 株式/投資信託ポートフォリオ: 個別(1勘定科目あたり一つ)または勘定科目のポートフォリオ(一まとまりで表示できる勘定科目のグループ)として株式を追跡できます。

  • オンラインの株式・投資信託相場表: GnuCashがあれば、一回一回、株価を調べる必要はありません。 この作業は自動化され、常に最新の株価を得ることができます。

1.2.3. 国際化サポート

GnuCashは、まさに、世界中のユーザーに利用され、世界中のユーザーを理解しているアプリケーションです。 今日、私たちが住む国際的な世界での相互利用を容易にするために、多くの内蔵機能があります。

  • 母語: GnuCashは12の言語に完全に翻訳されています。 中国語、チェコ語、オランダ語、英語、フランス語、ドイツ語、ポルトガル語、ロシア語、スロバキア語、スペイン語およびスウェーデン語です。 他の13以上の言語が部分的にサポートされています。

  • 複数の通貨と為替取引: 複数通貨がサポートされ、売買(取引)することができます。 複式記帳法が使用可能なため、勘定科目間での通貨の移動は完全に釣り合います。

  • 国際的な日付表示の取り扱い: GnuCashは、異なる国が異なった形式で日付を表示することを理解しています。 慣れている日付の形式で作業できます。

  • オンライン為替レート: GnuCashがあれば、一回一回、為替レートを調べる必要はありません。 この作業は自動化され、いつも最新の為替レートを使用して、好きな通貨に変換された勘定科目の価格を得ることができます。

1.2.4. ビジネスサポート

GnuCashには、企業会計コミュニティーのニーズをサポートする多くの機能があります。

  • 売掛金/買掛金: GnuCashには、統合された売掛金・買掛金システムがあります。 小規模ビジネスにおいて、得意先、仕入先、請求の支払いを追跡できます。またそれらに異なる税額表と支払条件を適用できます。

  • 減価償却: GnuCashで資産の減価償却を追跡することができます。

  • 帳票: GnuCashはすぐに使えるさまざまなビジネス帳票を提供します。

1.2.5. 会計処理機能

会計処理について良く知っている人のため、ここではGnuCashの会計処理機能の一覧を挙げます。

  • 複式記帳法: あらゆる取引は、ある勘定科目の借方に記入し、他の勘定科目の貸方に同額で記入しなければいけません。 これにより帳簿の釣り合いが保証されます。収益と費用の差分はすべての銀行、現金、株、および他資産の合計の差分と正確に一致します。

  • スプリット取引: 税金、手数料、および他の複合的な項目を記録するために、単一取引を複数の項目に分割することができます。

  • 勘定科目表: 主勘定科目の配下に詳細な勘定科目の階層を作成することができます。 これにより、現金、銀行、または株式といった類似のタイプを持つ勘定科目を資産といった主勘定科目に分類することができます。

  • 総勘定元帳: 一つの記録簿ウィンドウに、同時に複数の勘定科目を表示することができます。 これによりタイプ/入力エラーを探し出す難しさが軽減されます。 また、すべての取引が表示されるため、多くの株式のポートフォリオを見ることが便利になります。

  • 収益/費用勘定科目タイプ(カテゴリ): これらはキャッシュフローを分類します。また複式記帳機能とともに適切に使用すれば正確な損益計算書を作成できます。